大串貝塚ふれあい公園 【水戸市】

Tel:029-269-5090

大串貝塚のシンボルであるダイダラボウ

大串貝塚のシンボルであるダイダラボウ
縄文時代前期(約5000年以上前)に形成されたという大串貝塚(国指定史跡)は、奈良時代の「常陸国風土記」に大きな人(巨人)がいて丘に座って貝を食べていたという記載があり、文献に記録された貝塚としては世界で最も古い。
これらの貝塚はその巨人が作ったと言われ、ダイダラボウ伝説として今日まで語り継がれてきました。


現在、貝塚周辺は「大串貝塚ふれあい公園」として整備され、高さ15mの巨人像「ダイダラボウ」、貝塚の様子を見ることができる、「貝層断面観覧施設」や縄文人の暮らしを紹介した「縄文くらしの四季館」、などの施設が設置されています。
また公園内にはテニスコートやプールなどがあり、市民のサークル活動にも利用されています。

テニスコート、プールなどのスポーツ施設のご利用については常澄トレーニングセンター(029-269-4779)にお問い合わせください。

ピックアップインフォメーション PickupInfo

画像1
公園内には縄文・弥生・古墳時代の住居が展示されており、その時代の様子が忠実に再現されています。
画像2
縄文暮らしの四季館…中には土器や石器類、骨角器などさまざまなものが展示されています。
画像3
子供たちが遊べる遊具なども置いてあるので家族でも楽しめることができます。

インフォメーション Information

名称 大串貝塚ふれあい公園 フリガナ オオクシカイヅカフレアイコウエン
住所 〒311-1114
茨城県水戸市塩崎町1064-1
TEL 029-269-5090
営業時間 9:00~16:15

ライトアップ~21:00
休園日 なし

縄文くらしの四季館は月曜日(祝日の場合はその翌日)12/29~1/3
駐車場 無料駐車スペースあり    
 

ピックアップニュース PickupNews

マップ&アクセス Map&Access